「よくある質問Q&A」

Q:どんな人が来てくれるの?

     A:「キャットケアスペシャリスト」「キャットシッター」「動物看護士」「動物介護士」の資格を取得し、実際に猫と暮らしている私「きただ」がお伺いします。

       留守宅の鍵をお預かりし、大切な猫さんのお世話をサポートさせて頂きたいと思っております。

       信用・信頼を第一とし、何事にも誠心誠意で対応させて頂きます。

Q:もし何かあった場合、どのような対応をしてくれますか?

     A:打合せ時に「キャットカルテ」を作成し、掛かりつけの動物病院をお聞きしています。

       留守中の猫さんの異変は、速やかにパートナー様へご連絡、動物病院へも連絡し通院にも対応致します。

       獣医さんへあらかじめ「華奈にサポートを依頼している」ことを事前にお知らせして頂ければ、万が一の場合も対応がスムーズにいく場合があるかと思います。

       尚、通院費用などの加算分は後日清算させて頂きます旨をご了承下さいませ。

Q:手作りの猫ご飯ですが対応してくれますか?

     A:ガスを使用せず、所定の滞在時間内で用意できる内容であれば、ご指示のように致します。

Q:猫と一緒に犬も飼っていますが、お散歩はしなくてよいのでお世話をして欲しいのですが・・・。

     A:基本は猫専門なのでお断りをさせて頂いております。

      ただしお世話の内容にもよりますが検討もしたいと思います。

      まずは打合せ時にご相談下さい。

Q:人に襲い掛かる凶暴な猫で、病院から預かりを断られてしまいました。そんな猫でも引き受けてもらえますか?

     A:もちろんお引き受けします。

      打合せ時に、なるべく攻撃されないような方法を一緒に検討させて下さい。

      場合によっては滞在を必要最低限の時間にて退室する場合があることをご了承下さい。

Q:人見知りで出てこないと思うのですが、そんな猫でも引き受けてくれますか?

     A:もちろんお引き受けします。

       環境の変化を嫌う猫さんにとって、お家でのお留守番が1番だと思います。

       たとえ出てこなくても、猫さん達がストレスを感じず快適にお留守番が出来るようサポートさせて頂きます。

Q:長毛種なので訪問時にブラッシングしていただけますか?

     A:普段のお手入れ方法など、打合せ時に教えて下さいませ。猫さんが嫌がらなければ、ご希望に添うよう努力致します。

Q:ペット禁止のマンションに住んでいます。シッターとバレないようにして欲しいのですが・・・。

     A:はい、シッターとバレるような恰好やユニフォームは着ていきませんのでご安心下さい。

      打ち合わせ訪問時、呼び出しの際にも、あえて社名ではなく個人名を名乗ります。

      たとえペット禁止であっても、良識の範囲で猫さんとの暮らしを楽しむ皆様を応援致します。

Q:留守にする際、必ず用意しておくべきものはありますか?

     A:キャリーケース(万が一の移動時に使用)、動物病院の診察券

      猫さんの食事、補充用の砂、ペットシーツなどのトイレ用品・掃除道具などのご準備をお願い致します。

Q:猫さんが病気で通院中ですが急遽仕事が入り、どうしても通院できません。代わりに動物病院へ連れて行って欲しいのですが・・・。

     A:所定時間内で可能でしたら、もちろん同行させて頂きます。

      長時間かかりそうな通院に関しては、事前にお知らせ頂き一番ベストの方法をご検討させて頂きたいと思います。

Q:知人でご年配の方と猫さんの2人暮らしで、急遽長期入院でお世話が難しくなるみたいです。長期の契約などはありますか?

     A:はい、長期割引も含めプランがございます。

      ただし現状や今後の見通しなどをを含め、最善の方法をご一緒に考えていけたらと思っております。

      まずは一度ご相談くださいませ。

その他、ご不明な点・質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

それぞれのご家庭に寄り添ってベストな方法を考えていきたいと思います。

     

inserted by FC2 system